日産「NV350キャラバン」マイナーチェンジ!「キャラバン」へ名称変更

更新日:2021年12月18日
掲載日:2021年12月18日
日産「NV350キャラバン」マイナーチェンジ!「キャラバン」へ名称変更

日産自動車株式会社は、「NV350キャラバン」をマイナーチェンジ。今回のマイナーチェンジに合わせて、ガソリン車の車名が「NV350キャラバン」から「キャラバン」へ変更されました。外観もフロントグリルを含めて大幅に刷新され、スタイリッシュでカッコよく仕上がった印象の「キャラバン」ですが、実際にどこがどう変わったのか、その変更点に迫ります!

キャラバンの主な変更点

存在感を高めたフロントフェイス

エクステリアは、フロントグリルとフロントバンパーを刷新し、力強さと存在感を強調した デザインへ変更。さらに、ボディカラーには、従来のカラー5色に加え、雪原を想起させる「ピュアホワイトパール」、漆黒の夜空をイメージした「ミッドナイトブラック」、アウトドアシーンで存在感が光る「ステルスグレー」の新色3色が仲間入り。

フロントデザイン

刷新されたフロントバンパー&フロントグリル。前モデル以上の存在感あるデザインに

ステルスグレー

追加された3色のうち、アウトドアシーンで映えるステルスグレー

質感が向上したインテリア、視認性や操作性も大幅アップ

内装は、黒を基調に落ち着いた雰囲気に。新形状・D型ステアリングの採用や、シートトリムの生地刷新など、質感も大幅に向上させました。さらに、メーターまわりも新型ファインビジョンメーターを採用し、視認性や操作性が大幅に向上されています。

内装

黒系で統一され、落ち着いた雰囲気のインテリア

安全性能も大幅向上

安全装備

安全性能も大幅に強化されました。全車「セーフティ・サポートカーS<ワイド>の対象となり、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」が全車標準装備に。天候や周囲の明るさに左右されにくいミリ波レーダーとカメラのフュージョン方式により、歩行者の検知も可能となりました。

グレードの刷新とMT車の廃止

最上級グレード「GRANDプレミアム GX」

今回、バンに設定された専用内外装の仕様を施した最上級グレード「GRANDプレミアム GX」

今回のマイナーチェンジを機に、専用内外装の仕様を施した最上級グレード「GRANDプレミアム GX」をバンに新設定。さらに、前型の「DX EXパッケージ」の装備を強化した「EX」グレードが新設されています。なお、今回の仕様変更に合わせ、MT車は廃止されています。

特別仕様車キャラバン「プロスタイル」も同日リリース

プロスタイル

こだわりのエクステリアとアクティブなインテリアが施されたプロ仕様モデル「プロスタイル」。専用デザインの15インチアルミホイールをはじめ、存在感を高めるルーフスポイラーなどを採用し、スポーティな印象に仕上がっています。内装は車中泊やマリンスポーツなど、アクティビティで役立つ防水シートを採用。レジャーだけでなく、雨の日の作業の際にも汚れを気にせず使用できる1台に。

NV350キャラバンの仕様

用途 バン
駆動 2WD
ボディ長 ロングボディ
ボディ幅 標準
ルーフ形状 標準ルーフ
フロア 低床
定員 2/5
グレード プロスタイルGRANDプレミアムGX
プロスタイルプレミアムGX
ドア 5
エンジン QR20DE
ミッション 7AT
価格 3,285,700円
3,117,400円

オーテックジャパン車両もマイナーチェンジ

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパンも、「キャラバン」をベースとした車中泊仕様車、および、「ライフケアビークル」シリーズ、「ワークユースビークル」シリーズをマイナーチェンジしました。

車中泊仕様車「マルチベッド」

マルチベッド

「マルチベッド」は、荷室スペースに跳ね上げ式のベッドシステムとフロアパネルを装備した、宿泊のための機能と積載性も兼ね備えたモデルです。ベッドは荷室全面にわたって展開できるほか、左右に独立させた状態での使用もできるなど、用途に合わせてさまざまなアレンジが可能です。

車中泊仕様車「トランスポーター」

トランスポーター

「トランスポーター」は、フロアの強度と耐久性を向上し、アウトドアスポーツなどのサイズの大きい道具の運搬に適したモデルです。フロアは撥水性にも優れ、掃除などのお手入れも簡単。また、オプションのベッドシステムを導入すれば、快適な車中泊も可能です。

ワークユースビークルシリーズ「幼児通園専用車」

幼稚園車両

ワークユースビークルシリーズの一つである、幼児送迎用の「幼児通園専用車」。幼児12人と大人2人、および、幼児21人と大人4人が乗れる仕様になっています。

幼稚園児車両内装

安全に送迎できるよう、ハイバックタイプの幼児専用シートや保護パッドなどを装備しています。

まとめ

以上、名前の変更だけでなく、エクステリアやインテリアの変更に、新グレードの追加、安全装備の拡充、MT車の廃止など、大幅なマイナーチェンジが施された「キャラバン」の情報をお届けしました。日常での使い勝手はもちろん、特別仕様車のプロスタイルは、ドレスアップのベース車両としても最適な1台ですね。

関連情報

NV350キャラバンベースの釣り仕様車 NEEDSBOX(ニーズボックス)「NV-type3 Black Edition」

プロの釣り仕様ハイエース&キャラバン7車種 日の出から釣りを始められる車中泊アングラーカスタム | FunCars

釣りを趣味とする人の愛用車としてもハイエースやキャラバンは最適です。車内スペースの広いハイエースやキャラバンなら、釣り道具と着替えをたくさん積めて、足を伸ばして仮眠や車中泊ができるフラットなベッドを装備することができます。 高価で丁寧な扱いが必要なロッド(釣り竿)を車内に固定できる「ロッドホルダー」などに加えて、カスタムショップの釣り用ハイエースはそれ以外にも様々な工夫が施されています。 ...

NV350キャラバンのおしゃれなキャンピングカー RIW350

RIW350は標準ボディでも中が広い!アウトドアで活躍する日産キャラバンベースのキャンピングカー | FunCars

幕張メッセで開催されたジャパンキャンピングカーショーでは300台以上のキャンピングカーが出展されました。 キャンピングカービルダーANNEX(アネックス)のRIW(リュウ)ブランドでは一般的な「キャンピングカー」に比べてアウトドアテイストが強い車両を制作しています。 RIWの今回の出展車両は日産キャラバン(NV350)をベースとしたキャンピングカー「 RIW350」(リュウ サンゴーマル) 。

FunCars

FunCars

FunCars | ファンカーズ の運営アカウントです。 運営スタッフがかっこいいハイエースをピックアップしていきます。 アウトドア、モータースポーツ、釣り、キャンピングカー仕様などにカスタムされたハイエースの情報を発信しています。
シェア:
Top