ハイエースカスタム情報サービス

更新日:2019年 11月 25日 | 掲載日:2019年 11月 25日

トヨタからグランエース発売の正式発表、ビッグサイズでラグジュアリーな高級ワゴン

トヨタからグランエース発売の正式発表、ビッグサイズでラグジュアリーな高級ワゴン

トヨタは新型車の高級ミニバン「グランエース」を2019年12月16日に販売することを発表しました。2つのグレードがあり、3列シート6人乗りの「Premium」グレードは650万円、4列シート8人乗りの「G」グレードは620万円です。

10月に開催された東京モーターショー2019で初披露され注目を集めている贅沢な高級車「グランエース」。主に送迎や観光などビジネス利用向けとして想定され、アルファードより一回り大きな全長5.30m、全幅1.97mのボディ、広い室内空間と上質なインテリア、贅沢なエグゼクティブパワーシートなどが特徴です。

東京モーターショーや事前予約などですでに明らかになっていた情報も多いですが、今回発表されたグランエースの車両情報を紹介します。

グランエースの2つのグレードと価格

グレードは「Premium」と「G」の2つ。主に乗員人数とシートレイアウトとインテリアの仕上げの違いがあります。 「Premium」グレードは2列目と3列目の合計4席がエグゼクティブパワーシートの6人乗りで650万円。 「G」グレードは2列目の合計2席がエグゼクティブパワーシートの8人乗りで620万円です。

グレード Premium G
車両本体価格
(税込)
650万円 620万円
乗員 6人 8人
グランエース「Premium」グレード 外装

グランエース「Premium」グレード 外装

グランエース「Premium」グレード  内装

グランエース「Premium」グレード 内装 6人乗り エグゼクティブパワーシートは2列目、3列目

グランエース「G」グレード外装

グランエース「G」グレード 外装

グランエース「G」グレード 内装

グランエース「G」グレード 内装 8人乗り エグゼクティブパワーシートは2列目

グランエースは2.8Lクリーンディーゼルエンジン

グランエースは2グレードとも同じ直列4気筒2.8Lクリーンディーゼルエンジン(1GD-FTV)。 車種ごとに設定は異なりますが、ランクルプラドや現行ハイエース200系4型後期にも採用されている最新式のディーゼルエンジンです。

グランエースの2.8Lディーゼル1GD-FTVエンジン

グランエースの2.8Lディーゼル1GD-FTVエンジン

最高出力は130kw(177ps)/3,400r.p.m、最大トルクは450N・m(46.1kgf・m)/1,600〜2,400r.p.m。走行燃費は10.0km/L(WLTCモード)。

低燃費と力強いトルクの動力性能を両立させたエンジンです。

尿素SCRシステムを採用しており、定期的に尿素水溶液(AdBlue|アドブルー)を給水する必要があります。

6速オートマチックトランスミッションを搭載し、高級車に求められる滑らかさ・静粛性に加えて低回転からトルクフルな走行を実現しています。

グランエースのボディカラー、インテリアカラーは各4種

グランエースのボディカラーは4種類「ブラック」、「ホワイトパールクリスタルシャイン」、「グレーメタリック」、「シルバーメタリック」。

グランエースのボディカラー4種

左上「ブラック」、右上「ホワイトパールクリスタルシャイン」、左下「グレーメタリック」、右下「シルバーメタリック」

インテリアカラーはシートカラーが「ニュートラルベージュ」、「ブラック」の2種類、天井色が「フロマージュ」、「ブラック」の2種類あり、4パターンの組み合わせがあります。 「G」グレードは天井色が「フロマージュ」のみです。

グランエースのインテリアカラー4パターン

左上「ニュートラルベージュ×フロマージュ」、右上「ニュートラルベージュ×ブラック」、左下「・ブラック×フロマージュ」、右下「ブラック×ブラック」

迫力ある外観のデザイン

大型のラジエーターグリルと融合したヘッドランプを左右に張り出し強い押し出し感を演出した存在感あるフロントビュー。クロム加飾フレームで囲んだLEDヘッドランプが高級車に相応しい先進性を強調しています。リヤもLEDテールランプの光の帯が鮮やかです。

海外向け新型ハイエースをベースとしていますが商用車感は少なく、トヨタノアのように鋭くスッキリとしたフェイスに高級感とボディの大きさが加わり迫力あるデザインになっています。

グランエースの外観デザイン フロント

グランエース フロントから

グランエースの外観デザイン リア

グランエース リアから

豪華で広い室内空間

室内長3,290mm、室内幅1,735mmものゆとりある空間に、3列シート6人乗りと4列シート8人乗りの2タイプの設定があります。

大きな特徴はゆったりとくつろげる専用のエクゼクティブパワーシート。座り心地の良さに加えて、ロングスライド機構やパワーリクライニング機構、パワーオットマン、快適温熱シート、格納式テーブルなどを装備し利便性や快適性の良さも追求した豪華装備です。

後部座席には乗降性に考慮した大きなスライドドア、各シートに配置されたUSB端子やカップホルダーなどゲストをもてなす細かな設計も魅力です。

グランエースのエクゼクティブパワーシート

豪華なエクゼクティブパワーシート

グランエースの運転席

グランエースの運転席 高級感のある木目調のインテリア

グランエースのボディカラー

左:開口幅を1,000mmと大きく設計し後席への乗降性を配慮したパワースライドドア 右:LEDサイドカラーイルミネーション

グランエースのボディカラー

リアゲートを開けた状態 シートを前に移動させることで沢山の荷物を積載可能

高い走行安定性と優れた静粛性を実現

グランエースはセミボンネットのパッケージを採用し、ハイエース200系のようなキャブオーバータイプに比べて、静粛性上質な室内空間と静粛性や走行安定性など高級ワゴンにふさわしい基本性能の高さが特徴的です。

駆動方式は2WDの後輪駆動(FRレイアウト)でボディは剛性に優れたストレートラダー構造。サスペンションはフロントにマクファーソンストラット式独立懸架、リヤはトレーリングリンク車軸式を採用し、上質な乗り心地と高い走行安定性を実現しています。

グランエースの剛性に優れたストレートラダー構造

剛性に優れたストレートラダー構造

グランエースのサスペンション

左:フロントサスペンションはマクファーソンストラット式独立懸架
右:リヤサスペンションはトレーリングリンク車軸式
高いボディ剛性に対して、サスペンションジオメトリの最適化やストロークの確保によって、接地感ある上質な乗り心地と高い走行安定性を実現

最新の安全性能

剛性の高いストレートラダー構造とセミボンネットのボディに加えて、プリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」や踏み間違いや駐車を支援するシステムが搭載されています。後部座席のゲストも守るエアバッグシステムも装備。

現行のハイエース200系ワゴンをベースとした送迎車に比べると安全性能も大きく進化しています。

グランエース 駐車 支援サービス

パノラミックビューモニターやセンサー、ブレーキサポートなど駐車を支援するする様々な機能

一般的なミニバンやワゴンに比べて価格が高く、ボディの長さ・ボディの幅ともに大きいため一般的な家庭用に向く車ではありませんが、アルファードエグゼクティブラウンジのような最上級の高級感を求める個人ユーザーや、ハイエースのワイド・スーパーロングボディをラグジュアリーにカスタムしている個人ユーザーには刺激的な選択肢になると思います。

関連情報

グランエース|トヨタ公式

トヨタ グランエース | トヨタ自動車WEBサイト

価格・グレード一覧 目を奪い、心が躍る存在感。忘れられない瞬間と出会う。 ようこそ、グランエースへ。さあ、くつろぎの移動時間の始まりです。 Premium(6人乗り) リヤ席1列目・2列目にエグゼクティブパワーシートを標準装備。 エグゼクティブパワーシート ...

 

トヨタグランエースが予約開始!2つのグレード、価格は6人乗り650万円、8人乗り620万円 | FunCars

2019年11月4日に閉幕した東京モーターショー2019にて発表され、話題になっているトヨタグランエースの予約が各トヨタディーラーにて開始されています。すでに送迎などのビジネス利用を中心にオーダーが入っているようです。 正式な販売情報は2019年11月25日に発表、発売は12月16日から、納車時期は2020年の1月ごろから始まる予定です。 グランエースのグレードは2つ、 ...

 

トヨタ新型車「グランエース」を日本国内で発売 海外向けハイエースがベースのフルサイズワゴン | FunCars

トヨタから新型車「グランエース」を日本国内向けに発売されることが発表がされました。 2019年内に日本全国のトヨタディーラーで販売予定。2019年10月24日(木)から11月4日(月・休)に開催される「東京モーターショー2019」で初披露されます。 新型車「グランエース」の主な特徴 ...

この記事を書いた人

FunCars
  • FunCars
  • FunCars | ファンカーズ の運営アカウントです。 運営スタッフがかっこいいハイエースをピックアップしていきます。 アウトドア、モータースポーツ、釣り、キャンピングカー仕様などにカスタムされたハイエースの情報を発信しています。


オートサロン2019 カスタムハイエースとカスタムNV350キャラバン情報
ハイエース買取・査定