ハイエースのモデルチェンジ、次は300系?いつ?どんな形?

更新日:2019年05月11日
掲載日:2016年09月03日
ハイエースのモデルチェンジ、次は300系?いつ?どんな形?

車を購入するときに気になるのが、モデルチェンジの噂です。
現在の200系ハイエースがフルモデルチェンジするのはいつごろでしょうか?
200系ハイエースは2004年から販売され現在2016年9月で12年が経っています。
そろそろフルモデルチェンジされてもいいころですね。
2016年5月16日に日刊自動車新聞より次期ハイエースについて発表がありましたのでその内容も含めてまとめてみました。

追記 2018/02/13
2017年12月に新型ハイエースが発売されました。ハイエース200系4型に衝突回避支援パッケージが標準装備されたモデル(ハイエース200系の4.5型 機能追加のマイナーチェンジ)です。
関連コンテンツ:トヨタハイエースが一部改良し新型へ。自動ブレーキで安全性向上、オートアラームで盗難防止[訂正有]|FunCars

もくじ ハイエースのモデルチェンジ情報

ハイエース次期モデルの発売時期
どんなカタチになるの?
セミボンネットタイプの商用車
型番は300系?
性能・装備はどうなるの?
自動運転は装備されるの?
ハイエースのハイブリッドモデルは出るの?
次期モデルのまとめ

ハイエース次期モデルの発売時期

次期ハイエースの発売時期はいつでしょうか?
"2019年に生産開始..."(2016年5月16日に日刊自動車新聞)と報道がありました。
そのため、早くて2019年には次期ハイエースが発売される予定です。

もともとは2018年頃に..という情報だったのですが少し遅れたようですね。

どんなカタチになるの?

ハイエースの車のデザインやカタチは大きく変わるのでしょうか?
報道では"セミボンネットタイプのバンに..."(2016年5月16日に日刊自動車新聞)とありました。
これはアルファードやベルファイアのように運転席の前にエンジンルームがある車のことです。
過去から現在の200系ハイエースは「キャブオーバータイプ」と呼ばれ、運転席の下にエンジンルームがあり荷室に大きくスペースを確保できるカタチでした。
運転席の衝突時の安全性を考えクラッシャブルゾーンのある「セミボンネットタイプ」が選ばれたようです。
ボンネットがある分、荷室の長さが短くなることが懸念されます。
次に紹介するセミボンネットタイプの商用車が次期ハイエースをイメージする参考になるかもしれません。

セミボンネットタイプの商用車

ヨーロッパやアメリカではセミボンネットタイプの商用車が主流です。
幾つかピックアップしてみました。なかなかカッコ良いですね。

トヨタ ヨーロッパで発売している商用車 PROACE(プロエース)
メルセデス・ベンツVクラスの商用車 Vito(ヴィトー)

型番は300系?

10系、20系〜40系、50系、飛んで100系、200系と来ていますので、次は300系なのではないでしょうか?
ただ実際にどうなるかは未定です。

性能・装備はどうなるの?

燃費や加速性が向上した「IMV」「ランドクルーザープラド」と同じ新型ディーゼルエンジン(DE、GD型)が搭載されます。
こちらも2016年5月16日に日刊自動車新聞に公開された情報です。
 

自動運転は装備されるの?

ハイエースバンは商用車のため、コストを抑えて低価格で販売されることも求められていますので、自動運転のレベル1と呼ばれる自動ブレーキなどの安全運転支援システムに留まるのではないでしょうか。
乗用のハイエースワゴンやハイエースコミューターにはもっと高レベルの自動運転機能が備わるかもしれません。
とはいえ、これはまだ未定です。

キャンピングカー仕様のハイエースが完全な自律型運転になると非常に夢がありますね。

ハイエースのハイブリッドモデルは出るの?

現行の200系のボディのハイエースではハイブリッドモデルは出ないでしょう。 現行のキャブオーバータイプの構造では、ハイブリッドモデルに必要なモーター、バッテリーなどを設置するために大きく変更が必要になってくること、室内に場所を取り重量が増えるためハイエースの特徴「荷物をたくさん運ぶ」ことに悪影響が出るからです。

セミボンネットタイプになった場合はハイブリットエンジンモデルが出る可能性があります。
トヨタ アルファードハイブリッドなどミニバンで培ってきた技術が活かせます。

しかしながら、積載量が多いハイエース向けにはアルファードハイブリッドと違ったエンジンの開発が必要でしょうし、ハイブリッドモデルはガソリンモデルに比べて50万くらい車体価格が高くなるなど課題がいくつかあります。
ハイエースバンには4型後期のクリーンディーゼルエンジンモデルのように燃費の良い高出力なモデルは存在しますので、ハイブリッドモデルは出ないと考えます。 ハイエースワゴンやハイエースコミューターはもしかしたらハイブリッドエンジンモデルが出るかもしれません。

ハイエースの次期モデルのまとめ

現在確定している情報としては下記の3つです。
・2019年に生産開始
・セミボンネットタイプ
・新型ディーゼルエンジン搭載
まだまだ先にはなりますが、ハイエースのフルモデルチェンジが楽しみですね!

追記 2018/02/13
2017年12月に新型ハイエースが発売されました。ハイエース200系4型に衝突回避支援パッケージが標準装備された機能追加のマイナーチェンジ(ハイエース200系の4.5型)です。
関連コンテンツ:トヨタハイエースが一部改良し新型へ。自動ブレーキで安全性向上、オートアラームで盗難防止[訂正有]|FunCars

FunCars

FunCars

FunCars | ファンカーズ の運営アカウントです。 運営スタッフがかっこいいハイエースをピックアップしていきます。 アウトドア、モータースポーツ、釣り、キャンピングカー仕様などにカスタムされたハイエースの情報を発信しています。
シェア:
Top