ハイエースカスタム情報サービス

更新日:2019年 11月 06日 | 掲載日:2019年 11月 06日

トヨタグランエースが予約開始!2つのグレード、価格は6人乗り650万円、8人乗り620万円

トヨタグランエースが予約開始!2つのグレード、価格は6人乗り650万円、8人乗り620万円

2019年11月4日に閉幕した東京モーターショー2019にて発表され、話題になっているトヨタグランエースの予約が各トヨタディーラーにて開始されています。すでに送迎などのビジネス利用を中心にオーダーが入っているようです。

正式な販売情報は2019年11月25日に発表、発売は12月16日から、納車時期は2020年の1月ごろから始まる予定です。

グランエースのグレードと価格(暫定)

グランエースのグレードは2つ、6人乗りの「Premium」グレード8人乗りの「G」グレード。共に2.8Lディーゼルエンジン、FR(後輪駆動)です。

6人乗りの「Premium」グレードの車両本体価格は暫定で650万円(税込)。
東京モーターショーで展示されたタイプで2列目、3列目がオットマンの付いたエグゼクティブパワーシートです。

8人乗り「G」グレードの車両本体価格は暫定で620万円(税込)です。
2列目はエグゼクティブパワーシート、3列目は左右が独立したシート、4列目が左右が一体化した折り畳みシート(左右への跳ね上げではないもの)です。

グレード Premium G
車両本体価格
(税込)
650万円(※) 620万円(※)
乗員 6人 8人
シートの特徴 2列目と3列目がエグゼクティブパワーシート 2列目がエグゼクティブパワーシート、4列目は左右一体型の折り畳みシート

※価格は現時点(2019/11/06)では暫定です。

グランエースの特徴でもあるエグゼクティブパワーシート( 写真はグランエースPremiumグレード)

グランエースの特徴でもあるエグゼクティブパワーシート( 写真はグランエース6人乗りの「Premium」グレード)

トヨタグランエース エグゼクティブパワーシートをリクライニングした状態

エグゼクティブパワーシートをリクライニングした状態

グランエース「 Premiumグレード」は2列目と3列目がエグゼクティブパワーシート

6人乗りのグランエース「 Premium」グレードは2列目と3列目がエグゼクティブパワーシート

8人乗りのグランエース「Gグレード」は2列目がエグゼクティブパワーシート、4列目は左右一体型の折り畳みシート

8人乗りのグランエース「G」グレードは2列目がエグゼクティブパワーシート、4列目は左右一体型の折り畳みシート

海外向けの新型ハイエースをベースにし、アルファードよりボディサイズが大きく広い室内空間があり、アルファード同等の静粛性と乗り心地を感じられるグランエース。
主な利用シーンはビジネスや観光の送迎を想定しているとのことですが、車の快適さやラグジュアリーにこだわる一般ユーザーからも人気が出そうです。

価格はキャプテンシートを装備するアルファードの最上級グレード「エグゼクティブラウンジ」(715万円〜)に比べると安い価格ですが、ミニバン、ワゴンの中では高価格なポジションです。

トヨタグランエースのホイール 6穴17インチ

トヨタグランエースのホイール 6穴17インチ(東京モーターショー2019の展示)

TRDやモデリスタのディーラーオプションの選択肢は現時点では不明でした。グランエースのホイールは6穴なので、アルファードなどミニバンのホイールは規格が異なるため利用できません。

グランエースの納車時期は1月以降

グランエースの納車時期は2020年の1月以降に予定されています。

トヨタグランエース予約開始

トヨタグランエース サイドから アルファードよりも一回り大きなボディサイズ

グランエースのボディカラーは4種

・パールホワイト
・ブラック
・グレーメタリック
・シルバー
の4カラーが用意されています。

グランエースを注文できるトヨタディーラー

グランエースの予約は「トヨペット」「トヨタ」「ネッツ」「カローラ」のどのトヨタディーラー(販売チャネル)でも相談できるようです。

東京エリアでは全車種併売化が先んじて進んでいて、ディーラー名も「トヨタモビリティ東京」と統一されています。

2019年12月16日の発売日以降には、一部の店舗でグランエースの展示車を見ることができるでしょう。

ハイエースがどこでも買える トヨタ全販売店全車種併売化を2020年5月に前倒し | FunCars

トヨタグランエース 広く快適な室内空間(座席をリクライニングした状態)

広く快適な室内空間(座席をリクライニングした状態)

グランエースのスペックとボディサイズ

全長×全幅×全高(mm)

5,300×1,970×1,990

ホイールベース(mm)

3,210

トレッド フロント/リヤ(mm)

1,670/1,670

室内長×室内幅×室内高(mm)

3,290*×1,735×1,290

駆動方式

FR(後輪駆動)

エンジン

型式

1GD(クリーンディーゼル)

排気量(cc)

2,754

※8人乗りの場合は、3,365mm(社内測定値)

 

トヨタグランエース リアから

トヨタグランエース リアから

関連情報

東京モーターショー2019に初出展されたグランエース

グランエースが東京モーターショー2019でお披露目!3列目まで広々&快適なラグジュアリーシート | FunCars

2019年10月23日から11月4日まで東京お台場で開催される東京モーターショー2019にて、国内での販売が発表されたばかりの新型車「 トヨタ グランエース 」がお披露目されました。 ...

 

グランエース日本国内での発売決定

トヨタ新型車「グランエース」を日本国内で発売 海外向けハイエースがベースのフルサイズワゴン | FunCars

トヨタから新型車「グランエース」を日本国内向けに発売されることが発表がされました。 2019年内に日本全国のトヨタディーラーで販売予定。2019年10月24日(木)から11月4日(月・休)に開催される「東京モーターショー2019」で初披露されます。 新型車「グランエース」の主な特徴 ...

 

トヨタディーラーの全車種併売化

ハイエースがどこでも買える トヨタ全販売店全車種併売化を2020年5月に前倒し | FunCars

2019年06月24日にトヨタより全販売店での全車種併売化を2020年5月に前倒しにする発表がありました。トヨタが日本全国に持っている「トヨタ」、「トヨペット」、「カローラ」、「ネッツトヨタ」の4種類の販売店で全てのトヨタ車両が販売されるようになります。 これによって「トヨペット」専売のハイエースが、全ての販売店で購入できるようになります。 ...

 

STYLE WAGON (スタイル ワゴン) 2019年 11月号 [雑誌]

アルファード&ヴェルファイア かっこいいの新基準

 

 

この記事を書いた人

FunCars
  • FunCars
  • FunCars | ファンカーズ の運営アカウントです。 運営スタッフがかっこいいハイエースをピックアップしていきます。 アウトドア、モータースポーツ、釣り、キャンピングカー仕様などにカスタムされたハイエースの情報を発信しています。


オートサロン2019 カスタムハイエースとカスタムNV350キャラバン情報
ハイエース買取・査定