ハイエースカスタム情報サービス

更新日:2019年 11月 06日 | 掲載日:2019年 10月 08日

トヨタ新型車「グランエース」を日本国内で発売 海外向けハイエースがベースのフルサイズワゴン

トヨタ新型車「グランエース」を日本国内で発売 海外向けハイエースがベースのフルサイズワゴン

トヨタから新型車「グランエース」を日本国内向けに発売されることが発表がされました。
2019年内に日本全国のトヨタディーラーで販売予定。2019年10月24日(木)から11月4日(月・休)に開催される「東京モーターショー2019」で初披露されます。

新型車「グランエース」の主な特徴

新型車「グランエース」は上質かつ快適な移動空間として、全長5.3m、全幅1.97mのワイドなボディサイズを活かしたフルサイズワゴンです。3列シート6人乗りと4列シート8人乗りの2タイプ。上質な乗り心地や優れた操縦安定性を備えた高い基本性能と、ゆとりの室内空間が特長です。

ビジネスや観光の送迎だけでなく、よりラグジュアリーで快適な車両を求める一般ユーザーからも注目されている車です。

トヨタ 新型車「グランエース」LEDヘッドライト点灯

トヨタ 新型車「グランエース」全幅1.97mのワイドなサイズ

トヨタ 新型車「グランエース」リアから

新型車「グランエース」リアから

トヨタ 新型車「グランエース」サイドから

新型車「グランエース」サイドから 全長5.5mの大きなボディサイズ

トヨタ 新型車「グランエース」ラグジュアリーな車内空間

新型車「グランエース」ラグジュアリーな車内空間

既に海外市場で発表されている海外向け新型ハイエースをベースとした乗用ワゴン「グランビア」(台湾、オーストラリア)、「マジェスティ」(タイ)と同じボディサイズで、コンセプトも同じくラグジュアリーワゴンです。

ボディサイズはこれまでのワゴン・ミニバンより大きい

ラグジュアリーなミニバンとして人気のあるトヨタアルファード、ヴェルファイアよりも一回り大きいボディサイズ。14人乗りの「トヨタハイエースコミューター」などハイエースのワイドボディと比べても全幅がさらに大きく、これまでの国産ワゴン・ミニバンと比べて大きな車です。

狭い道路の運転や駐車場選びなどに苦労しそうですが、広い車内と積載空間がとても魅力的です。

グランエースのスペック・ボディサイズ

全長×全幅×全高(mm)

5,300×1,970×1,990

ホイールベース(mm)

3,210

トレッド フロント/リヤ(mm)

1,670/1,670

室内長×室内幅×室内高(mm)

3,290×1,735×1,290

エンジン

型式

1GD(クリーンディーゼル)

排気量(cc)

2,754

キリッとした外装と上質な室内空間、安全装備

外装の特徴

大型グリルをLEDヘッドランプと融合させた、華やかかつ押し出しの強いフロントフェイス。アルファードやベルファイアに比べるとシンプルですが、キリッとした高級感のあるデザインです。

運転席の特徴

ブラックを基調としたインストルメントパネルは金属調加飾と木目調加飾、メーターフードは表皮巻きと本ステッチを施した上質で華やかなコックピット空間です。

トヨタ 新型車「グランエース」運転席まわり

新型車「グランエース」運転席周り

内装の特徴

3列6人乗りに加え、4列8人乗りのタイプも設定。
セカンドシートならびにサードシートの4席には、ゆったりとくつろげる専用の本革キャプテンシートを採用。座り心地の良さに加え、ロングスライド機構やオットマンなどを装備し、快適性や利便性の良さも追求しています。

トヨタ 新型車「グランエース」

新型車「グランエース」

優れた基本性能

後輪駆動のFRレイアウトを採用。1GD 2.8Lクリーンディーゼルエンジンと6速オートマチックトランスミッションを搭載し、滑らかさに加え低回転からトルクフルな走行を実現。

リヤの足回りには新開発トレーリングリンク車軸式リヤサスペンションを採用し上質な乗り心地と優れた操縦安定性。徹底した振動、遮音対策などによって、様々な道路環境においても高級ワゴンにふさわしい心地よい静粛性を追求しています。

充実の先進装備

歩行者や自転車運転者を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を装備。 駐車場など低速走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]などの安全・安心をサポートする装備も充実しています。

先進のディスプレイオーディオ(DA)を装備。スマートフォン連携機能によって、スマートフォンで普段利用している地図アプリや音楽アプリなどをディスプレイ上で表示・操作が可能です。

販売価格は未発表

現在(2019/10/08)、グランエースの販売価格は発表されていません。

追記(2019/11/06)グランエースの予約が開始され暫定価格が明らかになりました。

トヨタグランエースが予約開始!2つのグレード、価格は6人乗り650万円、8人乗り620万円|FunCars

同じ車両をベースとしている海外の乗用ワゴン「グランビア」(台湾、オーストラリア)、「マジェスティ」(タイ)の価格などを考えると600万円〜900万円の価格くらいが想定されます。

追記(2019/11/06)グランエース「Premium」グレード 6人乗り:650万円(税込)、グランエース「G」グレード 8人乗り:620万円(税込)と明らかになりました。

トヨタアルファードの最上級グレード「Executive Lounge」(エグゼクティブラウンジ)が748万円(税込)〜ということを考えると、グランエースも同等の装備にすると同等かそれ以上の価格になると思われます。

新型ハイエースバンは?

グランエースは海外向けハイエースをベースとしたフルサイズワゴンですが、日本向けのハイエースバンの新型はまだモデルチェンジの発表がありません。

国内の現行200系ハイエースバンの標準ボディは、狭い道でも走れて荷物をたくさん詰める、小型貨物車4ナンバーのビジネスバンとして人気があります。

4ナンバーのほうが自動車税が安いなどのメリットもあり、日本向けの新型ハイエースは4ナンバーの条件である全幅1,700mm以下のラインナップもあるはず。
日本国内向けサイズのハイエースバンの情報はまだ発表がありません。2019年の10月の東京モーターショーで発表になるのでしょうか。

 

新型ハイエースがタイで6月15日から販売開始 コミューター約440万円から、バン約347万円から | FunCars

2019年6月11日にタイトヨタで新型ハイエース販売の発表がありました。 販売開始は2019年6月15日から、価格はコミューターが日本円で約440万円から(126.9万バーツから)、バンタイプは日本円で約347万円(99.9万バーツから)です。 ...

関連情報

トヨタグランエースの価格が明らかに

トヨタグランエースが予約開始!2つのグレード、価格は6人乗り650万円、8人乗り620万円 | FunCars

2019年11月4日に閉幕した東京モーターショー2019にて発表され、話題になっているトヨタグランエースの予約が各トヨタディーラーにて開始されています。すでに送迎などのビジネス利用を中心にオーダーが入っているようです。 正式な販売情報は2019年11月25日に発表、発売は12月16日から、納車時期は2020年の1月ごろから始まる予定です。 グランエースのグレードは2つ、 ...

 

新型車グランエース|トヨタ公式サイト グローバルニュースルーム

TOYOTA、新型車"グランエース"を初披露 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト

TOYOTAは、新型車グランエースを、全国のトヨタ車両販売店を通じて、2019年内に発売する予定です。

 

タイトヨタの新型「ベンチュリー」

タイで新型ハイエースがベースの高級ミニバン「マジェスティ」発売!ベンチュリーの後継モデル | FunCars

タイトヨタは2019年8月16日にタイ・バンコクで開催した「バンコク・インターナショナル・グランド・モーター・セール2019」で海外向け新型ハイエースをベースとしたラグジュアリーミニバン「 マジェスティ 」の販売を発表しました。 ...

 

台湾、オーストラリアの新型「グランビア」

台湾とオーストラリアで新型高級ワゴン「グランビア」発表。日本ではグランドハイエースとして発売か? | FunCars

海外向け新型ハイエースをベースとした乗用ワゴン「グランビア」が、5月21日にトヨタ台湾とトヨタオーストラリアから発表されました。 デザインはメッキを強調したフロントグリルやボディ同色のバンパーや専用デザインのホイールなどを採用し、商用感の強い海外向け新型ハイエース(ハイエースバン)に比べて、落ち着きのあるラグジュアリーなデザインに仕上がっています。 ...

 

2019 東京モーターショー完全ガイド

カートップ増刊の東京モーターショー2019のガイドブック。

 

この記事を書いた人

FunCars
  • FunCars
  • FunCars | ファンカーズ の運営アカウントです。 運営スタッフがかっこいいハイエースをピックアップしていきます。 アウトドア、モータースポーツ、釣り、キャンピングカー仕様などにカスタムされたハイエースの情報を発信しています。


オートサロン2019 カスタムハイエースとカスタムNV350キャラバン情報
ハイエース買取・査定