ハイエースカスタム情報サービス

更新日:2017年 07月 28日 | 掲載日:2016年 08月 17日

車中泊 夏の暑さの中、車でぐっすり眠れる方法 3つ

Thumb article natsuneru

夏の車中泊は暑さとの戦いでもあります。どのように暑さ対策を行うのかによって快適さが全く違ってきます。
夏でも涼しい高地での移動だと気持ちよく寝られるのですが。

しかし、夏の車中泊は暑さへの対策だけでは足りません。
今回は夏の暑さ対策を中心に、車中泊の初心者向けに"準備しておくとぜんぜん違う、夏の夜に車でぐっすりと眠れる方法3つ"についてご紹介します。

手軽に涼しく 乾電池式の扇風機

ちょっと休憩するくらいならいいかもしれませんが、車中泊ではエンジンをかけっぱなしにしないのがマナーです。

そこでエアコンをかけっぱなしにできない時、役に立つのが「携帯式の扇風機」です。
自分の体の周りにある空気の層が動かないと、その空気が体温によって温まり「暑い」と感じます。
扇風機には、風を送り空気を動かすことによって熱がこもるのを防ぎ温度を下げる効果があります。
そんな手軽で便利なアイテム「扇風機」ですが、車中泊で使うのなら、下記の3つのポイントを押さえて選ぶといいでしょう。

1.持ち運びに便利でコンパクトなもの

車中泊の場合、限られたスペースの中に荷物や寝る空間を確保しなくてはいけないため、なるべくコンパクトに納めることが大切です。

2.ある程度の風量があるもの

いくらコンパクトとはいってもある程度の風量がなければ涼しくなりません。できる限りコンパクトな中から、最大の風量のものを選ぶ必要があります。

3.電池式、充電式などでコンセントを使用しないもの

ある意味、これが最も重要かもしれません。電池式や充電式など手軽に電源を確保できるもので、さらにコンパクトで風量があるものというのが理想ですね。
ただし、乾電池の場合、寝ている途中で電池が切れてしまう可能性もあります。ですから、USB電源が使用できるものがあれば、USBバッテリーと組み合わせれば長時間運転も安心ですね。

扇風機を使用する場合は窓を開けて寝るということが前提です。扇風機はそもそも空気循環により涼しくなりますので、窓を開けても暑くて寝苦しい時には扇風機を取り入れてみてください。

おすすめの扇風機
ピエリア 卓上扇風機 スリムコンパクトファン

¥ 3,306

3電源(AC,USB,乾電池)使え、薄型で窓の側に置きやすく、平べったいのでコンパクトに収納できます。

 
マキタ 充電式ファン 本体のみ 白 CF201DZW

¥ 6,712

マキタのプロ用扇風機で専用のバッテリー(別売り)を利用します。強力な扇風機でデザインもカッコイイのですが高くてデカイです。

 

夏の夜といえば… 蚊対策 

基本的には夏の車中泊って、山の方だったり海辺だったり、涼しいところで行うことが多いですよね。
ですから窓を開けて寝れば、涼しい風が通り抜け、暑さはさほど気にならない、という場合が多いと思います。
でも夏の夜といえば、もう一つ重要な対策が必要です。
それは「蚊の対策」です。

どれだけ涼しくて気持ちのいい夜でも、耳元で「プーン」という蚊の羽音が聞こえたらとても寝られたものじゃありません。かといって、窓を閉め切ると今度は暑くて寝られない…。

そんな時には、窓に網戸をつけましょう。
ハイエース専用の窓につける網戸が各種販売されています。
オススメは小窓に取り付けられる「アミエース」。取り付けも15分あれば自分でできちゃいます。
その他にも前席ドアの窓に付けられるものもあります。
以前、私は自分で網を買ってきて、それを窓のサイズに切って貼りつけて、オリジナルの網戸を作っていたのですが、なんとハイエース専用の網戸というのが販売されているんです!
車種別でいろいろなサイズのものが売っていますし、取り付けも簡単です。夏の車中泊には必須アイテムです。

ハイエース用網戸 アミエースなど
ハイエース専用 便利なアミエース
オグショー OGUshow トランポ用品 200系ハイエース 4型 ESアミエース

¥ 12,960

200系ハイエース4型専用のアミエースです。4型の窓枠にピッタリとはまります。

 
エコネット ハイエース200系 590220

¥ 3,800+送料

前席の窓枠にはめて使うメッシュのシェード兼虫よけ

 

そして、虫よけスプレー 浜名湖や水辺に近い高速道路のパーキングエリアなどでは5月くらいから蚊が沢山飛んでいます。 虫よけスプレーは必ず準備しておきましょう。知らぬ間に刺されていることがあります。 私は体にかけるタイプの虫よけスプレーが苦手なので、ぶら下げるタイプの防虫グッズを窓のところに吊り下げたり、ブレスレットタイプのものを腕にはめて寝たりしています。他にもワンプッシュでその空間に虫が寄ってこなくなるものや、シールタイプのものなど、様々な防虫グッズが売られていますので、自分のお気に入りのものと組み合わせてください。 これでほとんどの虫から身を守ることができますよ。

おすすめの虫よけスプレー
スキンベープ 虫よけスプレー ミストタイプ

¥ 515

嫌な匂いが少ない虫よけスプレーです

 

明るさと人の気配対策 シェード・カーテン

これは夏に限らずなのですが、車中泊の時に気になってしまうものの中に「照明」と「人の気配」があります。
道の駅やSA、PAなどの車中泊の定番スポットには照明が煌々とついています。
この照明は防犯上に必要なことで、これにより夜間のトイレなども不安なく行くことができるのですが、いざ寝ようとするとこの明るさが気になって眠れないという方も少なくないでしょう。
また、人の気配を感じたり自分の寝ている姿を人に見られるのも抵抗ありますよね。
そこで、サンシェード・カーテンなどを用意します。ハイエース専用の様々なものが売られています。
ちなみに私は、持ち運ぶものを少しでも減らしたいと思い、車に自作のカーテンを取り付けてあります。

ハイエース用サンシェード
車中泊 ハイエース200系 カーテン サンシェード カスタム 盗難防止 リア用

¥ 15,404 + 配送料

ハイエース200系(ナロー標準)の吸盤型のサンシェードです。夏は換気以外の窓で使う方がいいかと思います。

 

夏の車中泊の対策3つ まとめ

今回は夏の暑さの中でも快適にハイエースで車中泊ができる方法をいくつかご紹介しました。
窓を開けても暑くて寝られない場合は、やはり場所を変えるのが一番です。
少し高地に行くだけで気温がぐっと下がる場合もありますので、真夏の車中泊は事前にそういう情報も調べておきたいですね。
ぐっすり眠って体力を回復して、翌日も元気にレジャーが楽しめると良いですね!

関連記事:暑いハイエースの車内を涼しく快適に。夏の暑さ対策アイテム4つ | FunCars

さらにぐっすり眠るには、アイマスクや耳栓がおすすめです。

HUYOU(ふよう) 睡眠 アイマスク 立体型 軽量 安眠 アイマスク

まわりの雑音が気になる人にはアイマスクと耳栓をオススメします。睡眠の質が高まるので、翌朝スッキリ。
圧迫感なし究極の柔らかシルク質感 睡眠 旅行 仮 眠 眼精疲労 疲労回復に最適 耳栓 収納袋付き (ブラック)

 

キャンプやスポーツなど夏場のアウトドアに一緒に持っていきたいアイテム。

Poweradd ミニ冷温庫 家庭 車載両用 冷温両用

【保冷保温庫】保冷保温できる便利な7リットルの冷温庫です。シガーソケットからの給電だけでなく、AC/DCアダプター付きなので、レジャー出の車内のみならず、オフィスや家庭または旅行先のホテルまでにも持ち運べて冷たい飲み物、または温かい飲み物を簡単に楽しめます。

 
瞬間冷却スプレー 500ml

瞬間冷却スプレー 500ml」は、洋服の上からスプレーしたり、冷たいおしぼり作りも簡単にできるので熱中対策におすすめ。
スポーツ時にも使いやすく、運動後のクールダウンやアクシデント直後の応急アイシングにも活用できます。

 

この記事を書いた人

FunCars
  • FunCars
  • FunCars | ファンカーズ の運営アカウントです。 運営スタッフがかっこいいハイエースをピックアップしていきます。 アウトドア、モータースポーツ、釣り、キャンピングカー仕様などにカスタムされたハイエースの情報を発信しています。


ハイエース買取・査定