ハイエースカスタム情報サービス

更新日:2018年 08月 05日 | 掲載日:2018年 08月 05日

フロントカスタムメイクでハイエースをイメージチェンジ ハイエースのカスタム基本情報

Hiace frontmake   1

ハイエースのイメージチェンジに効果的なのがフロントパーツのカスタムです。それだけに、どのようなパーツを選んで合わせるか最も悩んでしまう部分でもあります。
そこで今回は、ハイエースの基本的なカスタム術とおすすめのパーツについて紹介していきます。
各パーツの取り付けにはパーツ代+塗装代+取付工賃などがかかります。

目次

フロントバンパー&スポイラーの選び方、注意点
グリル&ボンネットで印象をチェンジ
ヘッドライトやフォグランプ交換による引き締め
オールペンやラッピングでのカスタム術
4型へのフェイスチェンジキットで新型に変身
フロントの印象を変えられるオススメパーツ

フロントバンパー&スポイラーの選び方、注意点

フロントバンパー&スポイラー

フロントバンパー&スポイラー

FLEXのカスタムハイエース

FLEXのカスタムハイエース

ハイエースをカスタムして個性が出るのがフロントバンパーとスポイラーです。

フロントバンパーやスポイラーの取りつけ時に最も注意したいのがハイエースの車幅です。ハイエースの車幅には「標準(ナロー)タイプ」と「ワイドタイプ」の2種類があり、フロントバンパーやスポイラーを選ぶ際には適合サイズを合わせて用意する必要があります。
また、同じ200系のハイエースでも、モデルチェンジの型によっては専用パーツでなければ取りつけができないケースもあるので注意が必要です。

関連記事:ハイエースのエアロパーツの選び方 ハイエースのカスタム基本情報|FunCars

フロントバンパーやスポイラーの交換には、純正パーツを取り外して取りつける方法と上から被せて取り付ける2つの方法があります。このうち、純正パーツを取り外してバンパーに交換する方法は「バンパースポイラー」と呼ばれており、ハイエースのカスタムでは最も人気のある方法です。
次に上から被せて取りつける方法は「ハーフスポイラー」と呼ばれています。純正パーツの上から取り付けるだけの簡単な方法なので工賃を安く抑えることができることに加え、純正パーツも処分せずに済むので、こちらも人気のあるカスタム方法です。
さらに個性を出したい人にはバンパーの下に取りつける「リップスポイラー」もおすすめです。

>>> フロントバンパーのパーツを探す

グリル&ボンネットで印象をチェンジ

グリル、ボンネット

ハイエースのフロントの印象を左右するパーツがグリルです。スッキリとしたシンプルなグリルを選んでもノーマルパーツの時とはかなりイメージが変わるので、初めてハイエースのカスタマイズにチャレンジする人にもおすすめのパーツです。 上品なユーロタイプをはじめ高級感あふれるゴージャスなタイプなど、様々なグリルやボンネットがあるので自分のスタイルに合った物を選ぶようにしましょう。

>>> ボンネットやグリルのパーツを探す

ヘッドライトやフォグランプ交換による引き締め

 

 

グリルの交換に合わせて実施したいのがヘッドライトのカスタマイズです。なかでもLEDタイプのライトは視認性が高く、遠くまで見通すことができるのでおすすめです。また、LEDライトはドレスアップにも最適なアイテムで、独特の透き通った透明感のある光は、ハイエースの魅力を存分に際立たせてくれます。
このグリルやライトの交換は個人でも実施することが可能ですが、施工は専門店に依頼することをおすすめします。
とくにライトは取り付ける種類や施工方法を間違ってしまうと、車検に通らないこともあるので注意が必要です。

ライトを交換する際にはグリルの取り外しも行うので、カスタマイズする際には同時に施工した方が工賃を抑えることにもつながります。

>>> ヘッドライトパーツを探す

4型へのフェイスチェンジキットで新型に変身

VALENTI JAPAN / ジュエルヘッドランプ200ハイエース 4型フェイスチェンジキット(グリル+フロントバンパー)

VALENTI JAPAN / ジュエルヘッドランプ200ハイエース 4型フェイスチェンジキット(グリル+フロントバンパー)

 

ちょっと古く感じてしまう旧モデルのハイエースを最新モデルにチェンジしてくれるのがフェイスチェンジキットです。カスタムにはしたくないけど、新しさを欲しいという方にぴったりなパーツです。

>>> フェイスチェンジキットのパーツを探す

フロントの印象を変えられるオススメパーツ

ワイド4型用 PROGRESSII フロントバンパー FRP製

ワイドボディにしか出せない迫力を助長させる大口径フロントバンパー。4型車の象徴ともいえるフロントグリルを、ボリュームのあるスピンドル形状に。 グリル一体式で、まとまりのあるフェイスを演出します。

 
TRD / フロントスポイラー(LED付)

両サイドをバンパートップへ絞り込むことで、人気のスピンドルデザインに仕上げている。 ハイエースのカスタマイズはアイデア次第!パーツを選んで自分好みの1台を作りあげましょう。 ハイエースのカスタマイズは専門店でリーズナブルに行えます。

 
BLUME / ワイドタイプ フロントグリル

ハイエース専用設計。Ⅳ型の全グレード・モデルに対応しています。

 

オールペンやラッピングでのカスタム術

ESSEX/CRSのカスタムハイエース

フェラーリイエローカラーのカスタムハイエース ESSEX・CRS

パーツ交換と並んでハイエースの印象をガラリと変えられる方法がボディのカラーチェンジです。オールペンやラッピングを上手く活用すれば、パーツ交換とは一味違う、ワンランク上のカスタマイズを楽しむことができます。
オールペンの魅力は純正のカラーバリエーションには用意されていない、自分好みのカラーを自在に生み出せる点です。ショップで相談すれば塗料の配合なども細かく調整することができるので、世界に1台しかない、自分だけのオリジナルカラーで塗装することができます。
一方のラッピングが持つ魅力は手軽さと自由度の高いデザインです。細かなデザインでもボディ上に簡単に再現できることに加え、オールペンに比べると短時間で施工することができるといったメリットがあります。また、ラッピングは元の塗装を維持したまま施工することができるので、カラーリングやデザインに飽きてしまった時でも、簡単に元の状態に戻すことができます。

オールペンやラッピングにはそれぞれの魅力がある一方でデメリットもあります。ボディのカラーチェンジを試してみたいと考えている人は、専門店とよく相談しながら施工方法を決めるようにしましょう。

以上、ハイエースをイメージチェンジするフロントメイクカスタムの基本情報でした。

関連記事:ハイエースのカスタム基本情報記事|FunCars

この記事を書いた人

FunCars
  • FunCars
  • FunCars | ファンカーズ の運営アカウントです。 運営スタッフがかっこいいハイエースをピックアップしていきます。 アウトドア、モータースポーツ、釣り、キャンピングカー仕様などにカスタムされたハイエースの情報を発信しています。


オートサロン2018 カスタムハイエースとカスタムNV350キャラバン情報
ハイエース買取・査定